キャッシングは誰が利用できるの?

保証人などの準備をせずにお金を借りることが可能なキャッシングサービスは、利用できる人に条件があります。また消費者金融では原則として利用できないけれど、銀行なら利用が可能ということもあるそうです。これらの代表的なことをご紹介します。


キャッシングはアルバイトもOK

キャッシングサービスの最大の特徴でありメリットが、アルバイトなどの非正規雇用の人でも利用できるという点です。ただし、二十歳以上であることが条件となります。ただし、消費者金融では借りることができるお金の上限を年収の3分の1まで、と制限があります。これは貸金業法で決まっている上限なので、誰であっても、これ以上を借りることは不可能です。審査では原則として、本人確認書類があればいいと言われており、大きな金額を借りない限りは収入証明書が必要ないそうです。


専業主婦が利用できるのは一部銀行系

消費者金融や一部の銀行では、自分で直接収入のない専業主婦への融資を行っていません。受け付ける場合は、配偶者の同意書や収入証明書などが必要となるので、非常に審査もややこしいのだそうです。しかし、一部の銀行系キャッシングでは、専業主婦も配偶者に安定した収入があることを条件に、融資を行っているのだそうです。

即日キャッシングの魅力

即日キャッシングというサービスが注目を集めているそうです。このサービスは消費者金融会社が最初に始めたサービスと言われていますが、現在はキャッシングサービスを扱う銀行などでも、時間がかからない審査を行っているようです。申し込みをインターネットからも行うことができるので、お金を借りていることを知られたくないという人にもいいのだそうです。


即日キャッシングは最速で30分

即日融資やスピード審査と呼ばれているこのサービスは、審査から融資にかかる時間が、最も早ければ30分程度しかかからないというのが最大のメリットと言われています。お金というのは突然、必要になりますよね。引き落としをすっかり忘れていた!などという場合に、すぐにお金を借りることができるのは非常にありがたいものです。また審査に必要なものは原則として、本人確認書類だけなので、余計な手間をかけずにお金を借りることができるというもの大きいでしょう。


ネットバンクがあると便利なことも

即日キャッシングでは、インターネットバンクに対応している会社もあるそうです。ご存知の通り、口座への入金というのは午後3時までしか、即時反映がされません。そのため、審査にかかる時間がどんなに短くても、銀行窓口で反映されないとダメなのです。インターネットバンクに対応しているところであれば、時間を問わずに対応してもらえることもあるそうです。

キャッシングは比較して決めよう

× キャッシングサービスが、さまざまな金融機関から提供されるようになりました。スピードを重視した即日審査などのサービスや、利息が少し安く設定されていることが多い銀行系キャッシング、クレジットカードに付帯しているカードローンなど、お金を気軽に借りることの可能な場所は増加しています。そこで選ぶときに注目したいことをまとめました。


キャッシングは利息と限度額で比較

キャッシングでは、返済するときに利息というものがかかります。これはお金を貸している会社への手数料のようなもので、これが会社の利益になるわけです。数字そのものは大きい違いが見えませんが、金額に対してかかるものなので、思っている以上に負担が大きくなることも考えられます。充分に注意しましょう。また限度額というのは、借りることのできる上限のことです。


限度額以内は自由に借りたり返したりできる

カードローンの特徴に、限度額以内であれば、自由にお金を借りる、返済することができるという点があります。返済途中でも、上限を超えない限りは自分の口座のようにお金を出し入れすることが自由になるのです。この金額が高いほうが、メリットが大きいのは当然のことですよね。ただし、借りているお金という概念を忘れてずっとお金を借りたまま、返済が進まないということにならないように気を付けましょう。


おすすめPR

キャッシング 比較:キャッシング情報の総合ポータルサイト。様々な角度から比較されたキャッシング情報コンテンツが魅力です。