ブラックリストに載ってしまったらキャッシングはできないのか

過去に自己破産や任意整理、特定調停などをして、ブラックリストにのってしまった場合、そのブラックリストから自分の情報が消えるのはいつになるのでしょうか。


<ブラックリストとは一体なんなのか>

まず、ブラックリストというのは、信用情報機関がありますが、その信用情報機関に自己情報として掲載されてしまうことです。自己破産などは金融自己になりますので、事故情報として掲載されます。一定期間の間、借金ができなくなりますが任意整理などで5〜7年、自己破産は10年ほどは掲載されたままになってしまいます。

そして、信用情報機関から事故情報が消えたと思い、新たにキャッシングをしようとした時にキャッシングを断られてしまう場合があります。実は信用情報機関からは事故情報が消されても、信販会社や消費者金融、さらに銀行では一度事故情報があれば、各会社で情報を登録され、二度とキャッシングをすることができないという場合があります。


<融資を断る理由は教えてくれません>

例えば、前回A社からキャッシングをして事故があり、情報をA社で登録されるとA社では過去の情報を元に融資を断るという場合です。そして、キャッシングの申し込みをした本人には、なぜ断るのかの情報を教えてくれることはありません。やはり借金をする際には計画的に、借り過ぎにも注意しなければいけません。